最終更新日 2024/03/19

かご丸くん 10013065

K1020 昭和機械商事株式会社

かご丸くんは円筒形のかご工です。
かごが円筒形状であるため、機械化施工による割栗石の石詰め、吊り施工が可能となっております。組立てヤードと施工ヤードを分けて施工することも可能であり、施工された業者様からも他の擁壁やかご工と比べて工事が早く終えることができたとの声を多数いただいております。
全国の山間部における土留め工、山留工、谷止工、河川における護岸工、床固工など多種多様な用途でご採用いただいております。
NETIS 登録番号KK-160001-VE

かご丸くん かご丸くん
【かご丸くん】(完全版)クレーンで吊れる大型円筒金網
技術の概要・特徴 かご丸くんは円筒形のかご工です。
かごが円筒形状であるため、機械化施工による割栗石の石詰め、吊り施工が可能となっております。組立てヤードと施工ヤードを分けて施工することも可能であり、施工された業者様からも他の擁壁やかご工と比べて工事が早く終えることができたとの声を多数いただいております。
全国の山間部における土留め工、山留工、谷止工、河川における護岸工、床固工など多種多様な用途でご採用いただいております。
NETIS 登録番号KK-160001-VE
技術の仕様 【標準タイプ】
寸法規格:直径 0.9 m,高さ 1.0 m
金網規格:鉄線径 φ 5 mm(網目 100 mm)および φ 6 mm(網目 100 mm)の溶接金網 
     溶融亜鉛-10 % アルミニウムめっき

【ハーフタイプ】
寸法規格:直径 0.9 m,高さ 0.45 m
金網規格:鉄線径 φ 5 mm(網目 75×100 mm)の溶接金網
     溶融亜鉛-10 % アルミニウムめっき

【小判型タイプ】
寸法規格:幅 0.9 m,奥行1.35 m,高さ 1.0 m
金網規格:鉄線径6 mm(網⽬100 mm)の溶接金網

中詰材として15 ~ 20 cmの割栗石が使用いただけます。
内側にトリカルネット等を張ることによって,現地発生土など粒径の小さい中詰材に対応可能となります。

単価情報 別途見積
特許情報 特許登録済
登録状況 特許第6203671号
特許第6272261号
特許第6837245号
現場適用条件 壁面勾配:3 分から 1 割
壁高さ:山留め 最大 8 m ,河川護岸 最大 5m

・部材仮置き場の概略面積は,一括納入の場合3m×5m=15㎡程度必要(大型円筒金網50組の場合)。
・使用する重機(クローラ型クレーン機能付きバックホウ,ラフテレーンクレーン)の走行および回転に支障ないスペースと走行路が必要。
採用実績 国土交通省:11件
林野庁  :24件
都道府県 :64件
市町村  :20件
開発時期 平成24年(2012年)から
単独開発/共同開発 京都大学大学院工学研究科との共同開発
製品URL https://www.showa-kikai.co.jp/products/chain_wall04.php

新技術に関するお問い合わせ情報
会社・部署(担当) 昭和機械商事株式会社  新技術一覧
 本社営業部 浅野 易人
住所 〒559-0011
 大阪府大阪市住之江区北加賀屋
 
TEL 06-6685-6771
FAX 06-6685-9013