最終更新日 2022/10/27

KMLAセンサー(Kumagai Magnet Light Alarm Sensor)  10010967

H1152 株式会社熊谷組

KMLAセンサーは、現場の仮設部材等の鋼材に磁石で設置することで、想定外の力が部材に加わった際に、部材のひずみの変化を検知し、光のアラームで周囲に危険を知らせるセンサーです。

適用箇所は、開削工事の山留工やトンネル工事の支保工、その他鋼材のひずみの変化を測定したい箇所となります。

センサー正面 センサー正面
センサー側面 センサー側面
ブザー接続状況 ブザー接続状況
技術の概要・特徴 KMLAセンサーは、現場の仮設部材等の鋼材に磁石で設置することで、想定外の力が部材に加わった際に、部材のひずみの変化を検知し、光のアラームで周囲に危険を知らせるセンサーです。

適用箇所は、開削工事の山留工やトンネル工事の支保工、その他鋼材のひずみの変化を測定したい箇所となります。
技術の仕様 ●磁石で設置できるため、設置に専門的な知識や技術を必要としません。
●現場で作業している人がすぐに危険を察知でき、工事現場の安全の見える化に貢献
 します。
●センサーが警告するひずみの閾値を100μ刻みで設定でき、0セットも現場で行える
 ため、施工状況に応じてセンサーの移設や設定変更ができます。
●オプションでデータ保存機能をつけることで、後から計測データを確認できます。
●光だけでなく音でも危険を知らせるよう、センサーに連動するブザーを開発しまし
 た。
登録状況 NETIS登録番号:KT-220135-A

新技術に関するお問い合わせ情報
会社・部署(担当) 株式会社熊谷組  新技術一覧
 技術本部技術企画部企画調査グループ 佐々木 裕一
住所 〒162-2855
 東京都新宿区津久戸町2番1号
 
TEL 03-3235-8617
FAX 03-3235-9215